早稲田折紙同好会―活動記録―

    折研なう

    部員紹介


    部員のうち、新活動記録の中に出てきた人の紹介。

    ◆高2 
    富士山・・・折紙同好会部長。ボケがマニアックで??な事もしばしば。
    隊長・・・・会計担当。折研に来た途端にテンションがあがって、おかしくなる。

    ◆高1 
    (@皿@)・・僕らで仕込んだ、リアクション屋。折り紙も創作意欲がすごい。
    アメーバ・・おおざっぱで、近くにあった紙と本で折り始める。
    アオミドリ・寡黙な毒舌家。耳をすますと…おぉ怖い怖い。

    ◆中3 
      エンシェント・・神谷さんのエンシェントドラゴンを折り図なしで折れるという才能の持ち主。
    chaら明・・折研一物真似が上手い。効果音から某ム〇カ大佐まで幅広い範囲を高クオリティで網羅。実はその名前には途方もない秘話が!?
    山中・・・・最近のブログ更新係。折り紙に対する意欲は折り紙つき。ちなみに中3代表。
    たぬー・・・兼部先の部活が忙しいのか少々幽霊気味。
    ブルーツ・リー・・真面目なサッカー少年。実は成績もすごい。しかし折紙の才能があるにも関わらずあまり来ない。
    ジタン・・・折研への出席率が高いためよくいじられる。(ただし名前に限る)また、ffが好き。

    ◆OB 
    pili・・・・元部長で、今は会長。部員達への愛のツッコミ担当。ユニーク創作大好き。
    いもけんぴ・天然でお喋り。いつも皆に突っ込まれる。<

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    PageTop

    久し振り(約一年)の更新

    先の投稿から早一年弱...

    それはやはりめんどくさ、いやさ忙しかったから、だ。

    興風祭は9月の27、28日にある。

    なんともう1ヶ月ない(´・ω・`)

    まずは前年度の興風祭を振り返っておこう。



    龍神
     



    昨年は私作だったが今年度は(@皿@)さんが折ってくださるそうで(投げやり)
    出来上がりが楽しみです。



    一般展示





















    これまでの展示は直置きが主だったが今年は違う!ちゃんと土台まで含めて作品、という心持ちで作るんだ!(予定)




    開成との共同ジオラマ





    お題は「空」。なお今年は...?



    部員共同制作(全員とは言っていない)の超巨大コスモスフィア








    今思い返しても馬鹿みたいな大きさだなって思います(´・ω・`)

    それを発案、実現した先代部長はヤバイ。いろんな意味で、うん。

    今年は通常サイズなので大丈夫、たぶん、絶対。

    もちろん例年どおり破壊作業は執り行いました。

    しかも折紙探偵団に載りました。嬉しいけどなんか載っちゃっていいのか複雑ですね。







    人が1人入れます。






    来年度から僕が部長なんで活動記録ってことでブログもちょくちょく更新していこうと思います。

    スポンサーサイト

    PageTop

    開成文化祭

    9月22日~23日の開成の文化祭に行ってきました!
    僕は中3なので今年でもう3回目か...


    早速開成文化祭がどのような様子だったか、参考にする、という意味も含めて報告していきます!


    まずは開成といえば、といっても過言ではない巨大作品です





    今年は武田直樹さんの天狗ですね。
    相変わらずデカイ...
    写真を見てもらえると分かりますが、人よりも大きいです。


    聞いたところ、全紙サイズの紙を約70枚ほど使ってるそうです。
    うちの折研とは一桁違いますね....





    ↑は天狗が折りあがる様をビデオに録画したものだそうです。
    教室いっぱいに紙が....もはや絨毯ですね。


    流石にこの作品は自立しているわけではありません。
    ここまで大きくなると、自重で潰れてしまいますからね。





    このように木の棒を支柱として、





    さらに腕のような、角度を付けたい箇所には、写真ではわかりにくいですが、銅のパイプを使ったそうです。


    また、廊下には去年の巨大作品である虎もありました。





    ちなみに奥にあるのはパピヨンで、小講堂でおこなわれた折研のパフォーマンス?で、そのときに折り畳まれた作品です。
    パフォーマンスでは折り畳まれた蟹をわざわざまた開く、ということもやっていました。
    やはり何と言うか開く方がインパクトがありますね。
    早稲田も参考にして、やってみようかな?


    話を巨大作品に戻しますが、やはり巨大でもきちんと折られていて、一目で天狗とわかりますね。流石開成です。
    早稲田もやってみたいけど、お金と場所が...
    しかし、銅パイプという発想はなかった....



    次はこれまた毎年恒例のものですが、合格ガエルですね。





    受験生はこれを持ってって開成合格を目指すんだろうなー。
    たまに半分色が違う亜種もいて面白いです。あまりやりたいとは思いませんが....


    次に早稲田、開成合同作成のジオラマです。今年のテーマは《鳥》でした。








    今回のポイントとしては作品は勿論ですが、ジオラマも工夫されています。
    写真を見てもらえるとわかったと思いますが、川があります。
    この川は青色の紙を蛇腹状に畳んで水の流れを表現し、水で濡らして川らしく蛇行させています。
    これまでのジオラマは少し単調でしたが、今回は川というアクセントがあってなかなかいいと思っています。
    ちなみに僕が折ったのは奥にある勝田フクロウと手前にある小さなスズメです。





    体験折りも繁盛していました。
    この中に未来の折り紙作家はいるかな?
    小さい子どもも真剣に折っていました。


    さて、ここからは通常展示の方に移っていきましょうか。





    昆虫シリーズですね。脚の先まで折り込まれていて綺麗でした。









    動物シリーズですね。
    早稲田は年々作品サイズが小さくなってるなー、と神谷さんの小鳥を見て思いました。
    その点開成は大きい作品、小さい作品が半々くらいでバランスがいいですね。
    まあ個人的に大きすぎるのはあまり好きではないので、今後おる作品も小さくなっていきそうですが...






    ユニット作品で、螺旋階段の装飾をしていますね。本来ユニット作品はこういうものなんだよな.....
    シンプルですが、オシャレですね。














    ほんの一部ですが、展示されていた作品たちです。展開図折り、創作がたくさんあって凄いです。早稲田も頑張らねば!


    画像ばかりで申し訳ないですが、なにせ興風祭前で忙しいのでそこはご勘弁を...
    やはりこういう折り紙のイベントに行くと折る意欲が湧いてきますね。





    また、こういう面白さもあってとても楽しかったです。
    早稲田も来てよかったと思ってもらえるように折らねば!

    PageTop

    合宿3日目、4日目

    ~3日目~
    この頃になってやっと龍神の折り筋付けが終わり、畳み始めました。正直、疲れた.....


    もはや恒例の朝食↓






    想像を絶する苦労のすえ、ようやく龍神を一通り畳み終え、肩変換までしたのがこちら↓





    3日目はお昼ご飯の後、体育館に行き、その後すぐBBQというハードスケジュールでした。


    体育館の風景の前に、昼飯↓




    ご飯がない!珍しい!


    体育館はなかなか広いところで、約2時間ほど体を動かしました。





    主にドッチボール、バスケットボール、卓球、テニスをしました。





    バスケットボールでは顧問の先生も参加していただきました。
    先生、強いっ!!


    宿泊所に戻って、少し休憩してから将棋部と合同でBBQをしました。









    肉、野菜共にたくさん食べることができて大満足でした。僕的には去年よりも上手に焼けたんじゃないかな?


    BBQの後は花火をしました。ロウソクの火が常に風前の灯状態で最終的にはチャッカマン直付でやってましたが、それ以外は怪我もなく、順調でした。








    その後、順次お風呂に入り、ラストスパート!
    普段より遅くまで折りまくりました。



    ~結果~



    和泉君作の森末さんが創作された、ピースメーカーです。和泉くんは他にも神谷哲史さん創作のスピノサウルスや、北条さん創作のバイオリン奏者などを作っていましたが、生憎下の二つは画像がなかったためまた後日....



    神谷哲史さん創作、(@皿@)さん制作のニワトリです。頭のヒダが内部角なので厚さがヤバかったらしいです。


    でも重厚感があっていい感じですねー。流石神谷さんです。





    これまた神谷さん創作、で僕が作った首長竜です。紙は岩肌で結構厚かったですね。ウェットホールディングでもよかったかも?


    因みにこれはコンベンションの講習で教わったものです。神谷パターンが組み込まれていて(ご本人曰く無意識だそうですが)構造的にもとても面白い作品でした。







    これまた安定の神谷さん創作のユニコーンで、リオレイヤくん作です。角の造形が少し違ってイイ感じになってますね。こういう細かいところで個性を出すのも折り紙の面白いとこです。







    これは僕的にはすごく面白い作品だと思いますがどうなんでしょうかね?高1の方お二人が作られたユニット作品です。作品名の方が今分からないので分かったら追記します(たぶん)。



    歯車のような感じでどこか折り紙離れした雰囲気がします(主観です)。色のチョイスも冴えてますね。







    これでもか、と神谷さん創作のアカウミガメです。原さん制作で、一度折り筋付けを間違えたそうですが、とても綺麗に仕上がっていますね。






    まだ作品はあったのですが、写真がなかったので、紹介は文化祭のときの記事になってしまうかもしれないです。申し訳ない。


    ともあれ、今年の合宿はとてもいい雰囲気で充実していました!ずっとこの感じが続くといいなー、と思ってます。


    気づけば文化祭まであと少し。どんどん折っていこうと思います。では、山中てした。

    PageTop

    合宿1日目、2日目

    8月20日~8月23日までの3泊4日夏合宿に行ってきました!!


    今回はこれまでとは違い(僕はまだ2回目ですけれど)体育館でドッチボールをするなど、健康面にも配慮した?合宿でした。


    1日目は朝早く(具体的には8時)に学校前に集合し、将棋部と合同でバスに乗って合宿地である南魚沼に向かいました。


    泊まった場所は「和風いん越路」で毎年合宿をさせていただいている民宿です。


    折研と将棋部の前にはクイ研が泊まっていたため入れ替わりのような感じでした。


    将棋部のことは分かりませんが、折研は荷物を整理して昼ごはんを食べたらすぐ紙の切り出し!!





    ちなみに右下にあるのは龍神の加工前のやつです。龍神についてはまた後で。


    今回の合宿は計画性をもって行う、ということで一人(基本)4つの作品を本折りする必要があったので皆さんなかなかいい折りっぷりでした。


    夕食までは試作や、切り出しなど今後の準備をし、夕食を食べてから本格的に折り始めました。


    ↓夕食



    本当に毎度思いますが、ここのご飯はとても美味しいです。ご飯は勿論ですが、おかずの種類も多くてとても良いです。


    1日目は(比較的)早く寝て、明日に備えます。


    ちなみに僕はエンシェント君と共に龍神の折り筋付けをもっぱらしていました。


    ~2日目~
    殆どの部員は6時30分起床で眠い中(少なくとも僕は)朝ご飯を食べました。


    噂によるとランニングに行った猛者もいたそうです。
    ※部長です。


    ↓朝ご飯




    ご飯の後はやはり折り紙で、休憩をはさみながらひたすら折りました。予想外に龍神の折り筋付けがめんどうで少しイライラしました。


    そして昼食↓



    豚丼ウマウマ。


    そして龍神も一向に折り筋付けが終わらないまま夕食。





    ここまでに出来た本折り





    部活には殆ど来ないがなぜか一定の信頼がある川西君作の神谷哲史創作「飛ぶヘラクレスオオカブト」です。

    ちゃんと裏打ちもしていて、流石といったところ。


    1日目、2日目の報告はここまで。
    山中でした~

    PageTop

    折紙コンベンション

    最近、更新が滞ってしまい、すみませんでした。


    実は16、17、18日の3日間コンベンションに行ってきました!!





    (@皿@)さんや富士山さんは以前から行かれているそうなのですが、僕やエンシェントくんは初めてで、めちゃくちゃワクテカしてました。


    しかも後輩たちも結構来ていてみんな真面目だなーと思いました(笑)


    僕達は学生ということでちゃんとお手伝いもしました。初日ははうすからの荷物の運搬、3日間を通して紙袋の交換、あと講習の紙を配る手伝いなどをしました。


    初日は講演会で、日本折紙学会会長の三浦さんがお話をされたり、ロバート・ラングさんの面白い(?)折紙に関することが聞けました。


    ラングさんは折り紙を数学的に見る、といったような話をされ、双曲面における折り紙などという僕にとっては意味不明なことを話されていました。


    2日目、3日目は基本的に折り紙講習で、僕は堀口さんのカワハギ、宮本宙也さんのパフィン、ニコラスさんのイグアノドン、神谷さんの首長竜を受けました。


    講習には定員があって、選ぶ順番は名札に書いてある数字で決まるのですが僕はどちらもまあまあいい方だったので全て第一希望の講習を受けることが出来ました。


    イグアノドン



    首長竜



    コンベンション参加には4000円かかるのですが、僕的には全く無駄遣いではなかったと思います。

    下のように紙も貰えましたし、有名な折り紙作家の方々にも会えたので。




    また、今回のコンベンションでは、探偵団のまえにあった探偵団新聞を売っていてとても嬉しかったです。もちろん買いました。


    今回のコンベンションで更に折り紙に対する意欲がわいてきましたし、とても勉強にもなったので行って本当に良かったと思っています。


    来年も必ず行こうと心に決めました!


    あと英語も頑張ろう、と思いました.....

    PageTop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。